キーボード

名品!おすすめ無線キーボード ロジクールMK240 / MK245 NANO

実家のリビングで長い事活躍してくれている名機をレビューしたいと思います。
※うちにある機種は旧製品なので、リンク先とタイトルは現行品のものなっています。
(違いはカラーのデザインとレシーバーであるUSB端子が小さくなった事です)

このキーボードがおすすめな人

・コンパクトで打ち心地が良く無線(USB)で取り回しのいいキーボードが欲しい。USBのポート1つでキーボードとマウスを一緒に動かして配線をスッキリさせたい。

ロジクール MK240 / MK245 NANO スペック紹介

メーカー・商品名 ロジクール MK240 / MK245 NANO ワイヤレスキーボード&マウスのセットモデル(カラー:4種)
値段 ¥ 2,479円(2018年10月16日時点/Amazon調べ)
スイッチ形式 メンブレン/キーストローク:2.5mm/キーピッチ:19mm
仕様 接続方式:USBでワイヤレス接続/83キー日本語レイアウト
寸法・重量 21mm x 288mm x139mm /344g(電池を含む)
特徴 小型のUSBレシーバーで接続できるカラフルでコンパクトなワイヤレス キーボード&マウスのセットモデル

配列普通で打ちやすい優秀コンパクトキーボード


何の変哲もない薄型のメンブレンなんですが打ち心地がとてもいいです。

コンパクトなタイプなのにキーの配列が普通!これは高評価ポイント。当たり前に見えて探しても中々ないんです普通の配列のコンパクトで無線のキーボードって。

アイソレーションタイプでは無いのですが余裕のあるキーピッチのおかげで打ち間違える心配も無いです。キーボードにこだわりのない家族一同も「打ちやすい」「使いやすい」と高評価。

なんといっても取り回しのしやすさが神

パソコンで絵と文字どっちも書く人とか「ペンタブスタンバイ!キーボードは端にポイ!」ってしません?そんな時に最高の力を発揮してくれそうです。

いくら打ちやすくてコンパクトでも重かったり、薄すぎたり、高級すぎたりすると手軽にポイっと机の端にGO出来ないんですよね。でもこのオモチャみたいな可愛いデザイン。絶妙に気の利いた創作のパートナーになってくれそうです。デザインやカラーも色々あって選ぶのも楽しそう。私が新しくGETするなら…水色と黒色のカラーがミクちゃんぽくて可愛いなって思います。

良くも悪くもマウスが付いてくる


これがね…欲しい人にとっては最高ポイントなんですが、いらない人にとってはちょっと安くしてバラ売りしてくれたらな~!と願ってしまうところではありますよね。
1つのレシーバーでキーボードとマウスが動くなんて最高オブ最高なんですけどもね!

せっかくなのでマウスもレビューしてみる

ちょっと小ぶりの可愛いマウスです。私は手が小さいので丁度良くとっても使いやすいです。我が家ではマウスもキーボードもどっちもリビングのパソコンでもう数年使用していますが全然壊れません。今日も元気に活躍してくれています。いいマウスです。

まとめ

難点を上げるのが難しい可愛くておすすめなキーボードです。
家族がみんなで長年使っているだけあって素直に使いやすく生活に寄り添ってくれる良いパートナーとなってくれる事でしょう。

Bluetoothキーボードで同じロジクールのコンパクトキーボードならK380がおすすめ!

Bluetoothキーボードでマウスついてなくて良ければ私は打鍵感とデザインの好みでこっちを推します!↓おすすめです。

あわせて読みたい
【レビュー】ロジクール K380 マルチデバイスキーボード最高に押しのキーボード紹介します どうも。スマホの入力でもキーボードを使いたい女のこがれんです(挨拶)今回スマホの文章入力を快適化する...